鬱の症状を把握【ストレスのキャパシティーを超えてしまった状態】

サイトメニュー

ストレスフリーな生き方へ

ハート

コミュニケーションをとる

鬱病と聞くと、元気がなくなりいつ自ら命を絶ってもおかしくない状態というイメージを持たれる方が多いと思われます。その症状も間違いなく鬱病の症状なのですが、数多ある症状の中の一部にすぎません。マイナスな感情が一日中続き、意欲が低下したり集中力が続かず物事をこなせなかったりなどの症状は抑うつ状態と呼ばれ、専門的には大うつ病性障害とされています。この状態を放置したり、長い間改善できずにいたりすると、身体的ダメージも著しくなります。発症当初は倦怠感や不眠が現れやすいのですが、それに加え頭痛、胃痛、動悸などの自覚できる身体的不調が出てくるようになります。治療にはカウンセリングや薬物療法が用いられることが多く、抗うつ剤や睡眠導入剤などで症状緩和を試みます。また、鬱病にはもうひとつ種類があります。双極性障害と呼ばれるもので、先述した抑うつ状態に加え、躁と呼ばれる気分が高揚して意欲が異常に上昇する状態も現れるケースです。二極性障害は抑うつと躁を繰り返すため、気分の高低差が激しく精神にも肉体にも大きな負担となります。躁状態の時は疲れも感じずなんでもできてしまうように感じてしまうので、気持ちに任せて動きすぎてしまうと抑うつ状態に入った時に苦しむことになります。付き合い方が難しく、薬などをうまく利用して徐々に改善をはかっていく必要があり、治療も数年単位の長い目で見ていかなければなりません。また、躁状態は周囲から見ると一見元気に見えるために理解されにくい面もあり、周りの認知を深めないと別の苦労も招きかねない厄介なものです。鬱病の発症原因はストレスが大半を占めているとされています。本人が頑張りすぎたり、周りが無意識であったとしても頑張ることを強要してしまったりして、ストレスのキャパシティーを超えてしまった状態です。鬱病を治療していくにあたって注意するべきはこれ以上過度にストレスを感じないようにすることです。鬱病は難治性の病気でその症状の特徴からも病気と理解してもらえないことが多々あります。周囲の人たちとは無理のない範囲でコミュニケーションをとり、誤解を生まないようにしていくのが得策です。誤解から心ない言葉をかけられたりしても、本人には弁明できる力がない可能性が高いからです。しかし抑うつ状態にあると人と話をしたり話を理解したりするのが困難になることも多いため、一人で抱えずに友人や家族を仲介にするのもよいでしょう。また、抑うつ状態では些細な出来事からもマイナスの感情を生んでしまう可能性があります。今までできていたことができなかったり、好きだったものに何も感じなくなってしまったりすることにショックを受けてしまうことが多いのです。こういったときはすべてを鬱病の症状のせいにしてしまわないと、自分だけがどんどん傷だらけになっていきます。医師から推奨される治療に認知行動療法というものがあり、その日起こった出来事と感じたことをノートに書き出してあとで客観的に見つめなおしてみるなど、自分の行動や感情のパターンを認知する方法です。マイナス思考になってしまうならば、マイナスの力を弱める考え方を身に着ける。一種の生活改善のようなもので、この方法をとるだけでストレスは少しずつ減っていくと思われます。ストレスが減れば鬱の症状も快方へと向かっていく見込みが充分にあります。

男性

気力が無くなる心の病

鬱は放っておくと後々に大変になります。症状が進行してしまう前に対処して、心の健康を取り戻すべきです。ストレスはなるべく発散させて、時には精神科のベテランに話を聞いてもらう必要もあります。アドバイスなどを貰い不快感を解決すべきです。

Copyright© 2018 鬱の症状を把握【ストレスのキャパシティーを超えてしまった状態】 All Rights Reserved.